« 阪神牝馬S予想 | トップページ | 12/19おさらい »

2004/12/19

12/19重賞おさらい

フェアリーS

フェリシア 1着

フェリシアは勝ったが、ペニーホイッスルが2着で外れ。勝ったフェリシア、道中は最内をキープ、直線で外に持ち出して力強く伸びた。これまでは末脚の切れで負けていた感じだったが、新たな一面を引き出した横山典の好騎乗と言ってよいだろう。

CBC賞

ギャラントアロー  6着
タマモホットプレイ 9着

ギャラントアローが当然のようにハナへ。しかし、マークもきつく一団の流れ。好位組が上位を占める結果になった。もう少し縦長になる展開を予想していただけに、全くの見当外れの予想になった。当然タマモホットプレイなどの出番はなし。無念。

阪神牝馬S

ヘヴンリーロマンス 1着
シャイニンルビー 12着

勝ったヘヴンリーロマンス、インから抜け出すイメージは予想してなかったが、今回も最速の上りを計時しての完勝だった。2・3着は好位組であったが、メイショウバトラーとダイワエルシエーロでは外れだ。アズマサンダースは見所あったが、スターリーヘヴンはちょっと狙いすぎたか。シャイニンルビーは馬体減の影響か、全く良い所がなかった。牝馬は良く分からん。

|

« 阪神牝馬S予想 | トップページ | 12/19おさらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61521/2315293

この記事へのトラックバック一覧です: 12/19重賞おさらい:

» インターミッション的競馬  阪神牝馬S & CBC賞 [tk_live_2957 バブログ]
 先週の「朝日杯フューチュリティーS」 と 総決算「有馬記念」の秋のGI戦線の中継ぎというか、閑話休題(インターミッション)のような今週。  とはいえ、か... [続きを読む]

受信: 2004/12/20 11:44

« 阪神牝馬S予想 | トップページ | 12/19おさらい »