« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/27

有馬記念おさらい

◎ゼンノロブロイ 1着
◎シルクフェイマス 3着
○デルタブルース 5着
△ツルマルボーイ 8着
△ダイタクバートラム 4着

タップダンスシチーがよどみのない逃げをうち、ゼンノロブロイが2番手から。勝ったゼンノロブロイも2着タップダンスシチーも強かったが、復調途上と伝えられていたタップを相手と見切ったレース運びをしたペリエの判断には脱帽です。

シルクフェイマスは状態も戻し、完璧な騎乗だったにも関わらず3着。1・2着馬との能力差は歴然としている。ダイタクバートラムも同様。印を打った中で、来年期待できそうなのはデルタブルースかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/25,26おさらい

12/25 阪神10R ダ1800m ベテルギウスS

トーセンブライト 4着
ローマンエンパイア 2着
エンシェントヒル 5着

テイエムイットーがハナを主張したが、向正面で掛かったトシザボスが途中からハナに立つ、入れ替わりの激しい展開。圧倒的1番人気のスパイキュールがあっさりと抜け出し、後続を突き放した。重賞でも圧倒的一番人気は続きそうな勝ち方で、期待値的にはとても買える馬になりそうにない。

期待したトーセンブライトは番手からの競馬で伸びきれなかった。「パサパサの馬場が良くない」とは横山典のコメントだが、見た目の手応えほど伸び切れないのは距離が長いためではないかなぁ。500万下を勝った東京ダ1400mの根岸Sに出てきたらもう一度だけ買ってみたい。

ローマンエンパイアは中団から。勝ち馬には離されたが、ダートでも問題ない。芝もダートも同じくらい走る、同じくらいしか走らないということで。

12/26中山12Rダ1200mハッピーエンドカップ

ハリーズコメット 1着
セイウンヒノアラシ 2着
シークレットキング 3着

「ダート替りが一番の勝因」(後藤)。見立て通りの走りを見せてくれた点には満足。1:11.0の勝ち時計は今開催の中山では特段に早いわけではないが、セイウンヒノアラシを物差しにして見ると、1600万下でも通用しそうだ。セイウンヒノアラシ騎乗の武豊曰く「今日は勝った馬が強いよ」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/26

プラス決算

有馬記念のワイド(せこい)、中山ハッピーエンドカップの3連単を当てて、2004年の中央競馬を締めくくることができた。ハリーズコメットが意外に人気になり、相手も1・2番人気が人気順に来てしまったのはちょっと残念ではあったが、終わりよければということで。

おさらいは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念最終結論

馬体重も発表されたので、ここらで最終結論を。

ゼンノロブロイ ペリエが馬を信頼して自信を持って乗っている。
シルクフェイマス +14キロ。馬体を戻してきたのは何より。人気なさすぎ。
デルタブルース +18キロ。前走-14キロで増減が激しすぎる点は気になる。
ツルマルボーイ 
ダイタクバートラム 

馬連:1-6
3連単フォーメーション:(1,6)-(1,6,10)-(1,6,8,10,13) 12点:14.5倍

| | コメント (1) | トラックバック (3)

12/26中山12Rダ1200mハッピーエンドカップ

本命はハリーズコメット。能書きは12/20のエントリーに書いた通り。

3歳500万下を勝ったダートに路線変更してきた。勝ち上がったときの相手がいまだ500万下をうろうろしている点は気になる。が、本馬は芝1000万下で僅差負け(切れ負け)を続けているだけに、ダートでの変わり身は期待できそう。除外にならなければ良いのだが。

相手は、セイウンヒノアラシ、シークレットキング、スターオブニルス、ポジティブトライの前走12/11中山ダ1200組と、チアズラガー、エーピーソブリンの前走芝組とした。

3連単フォーメーション:11-(3,4,5,7,10,13)-(3,4,5,7,10,13) 30点 20.1倍

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/25

有馬記念前日予想

いまのところゼンノロブロイデルタブルースシルクフェイマスツルマルボーイで逝こうかと。

以下、切る予定の馬。

コスモバルク 岡田うざい。騎乗に対する余計な指図が多い割に、五十嵐をまた乗せるという中途半端な姿勢を嫌う。自由に走らせればいいのに。

タップダンスシチー 急遽現役続行とのこと。本数だけはこなしたけど仕上がってないでしょ。

ヒシミラクル 坂路調教時計がホットなネタになってますが、「ラスト1F13秒を切らなかったから切り」に同意。VTRを見たが、あの動きでは狙うにはまだ早いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

12/25阪神10Rダ1800mベテルギウスS

スパイキュールが一本被りの人気になったので、トーセンブライトから。一叩きしての上積みも期待できるだろうし、人気も手頃だ。

相手はローマンエンパイア。サクラローレル産駒が芝・ダを問わないのならば、芝のG3とオープン勝ちがあるローマンエンパイアは、ダートのオープンクラスなら十分に勝ち負けになるという単純な論理。内枠は気になるが、その点は松永幹がうまく立ち回ることを期待して。

あとはエンシェントヒルにしておく。

馬連: 4-5, 5-10, 4-10
3連単フォーメーション:(4,5)-(4,5,10)-(4,5,10)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/23

出走馬確定

有馬記念の枠順と土日の出走馬が決まった。今週の注目馬で取り上げたハリーズコメットトーセンブライトともに出走することとなった。

トーセンブライトが出走する土曜日のベテルギウスSにはローマンエンパイアも出走してくる。TFCの現役馬情報(会員限定)にはダート替りに関する厩舎コメントも出てないので、2003年以降のサクラローレル産駒の成績を調べてみた。

サクラローレル産駒の成績
集計期間:030105 ~ 041219
1着- 2着- 3着- 4着- 5着- 着外/ 合計 勝率 /連対率/複勝率 単回値 / 複回値
--------------------------------------------------------------------------------------
全成績 63- 63- 84- 80- 60- 565/ 915( 6.9%/ 13.8%/ 23.0%) 92円 / 80円
芝 27- 27- 33- 26- 30- 282/ 425( 6.4%/ 12.7%/ 20.5%) 91円 / 76円
ダート 36- 36- 51- 54- 30- 281/ 488( 7.4%/ 14.8%/ 25.2%) 93円 / 84円
特 別 15- 13- 26- 13- 10- 84/ 161( 9.3%/ 17.4%/ 33.5%) 183円 / 137円
牝 馬 17- 17- 36- 32- 26- 258/ 386( 4.4%/ 8.8%/ 18.1%) 73円 / 84円
1人気 13- 9- 11- 6- 1- 12/ 52( 25.0%/ 42.3%/ 63.5%) 57円 / 79円
マル外 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
--------------------------------------------------------------------------------------
賞金合計 118523万円 1件当賞金 128万円 1日当賞金 165万円
人気信頼度 54.8%
3人気内率 18.7%
3着以内率 23.0%

意外にも芝とダートでそれほど成績に差はないんだね。古馬オープンで複数回出走経験があるのはリンガスローレルくらいなので、ベテルギウスSでも同じことが言えるとは限らない。が、ダートだからといって大きく割引く必要はなさそうだ。芝→ダの成績なども調べたけど、サンプル数が少ないので割愛。

高砂特別にはキコウシが出てくる。一回使って「使う前より歩様が良い」(fromテレサ)らしいが、ヤネは古川吉になっている、、、

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/12/20

35連敗中

基本的にはここに予想をあげたレースしか馬券を買わないのだが、重賞は買っていたりする。で、目下35連敗中である。サクラティガーの勝った1000万下以来、まったく当たっていない。それにも関わらず、今年はプラス計上で終われそうなわけで、3連単・3連複の破壊力を感じる今日この頃である。

で、今週で2004年の競馬も最終週である。最後のG1くらい当てようとか、これまでの負けを取り戻そうという向きもあろうが、そこでアツくなり自分のスタイルを崩すしてしまうのが一番拙いことであることを、馬齢を重ねた皆様は良くご存知であろう。そんなわけで35連敗中でありますが、これまで通りのスタイルで馬券を買っていく所存であります。

今週の注目馬

ハッピーエンドカップ ハリーズコメット 3歳500万下を勝ったダートに路線変更してきた。勝ち上がったときの相手がいまだ500万下をうろうろしている点は気になる。が、本馬は芝1000万下で僅差負け(切れ負け)を続けているだけに、ダートでの変わり身は期待できそう。除外にならなければ良いのだが。

ベテルギウスステークス トーセンブライト 次走は来年と思っていたら、最終週に使うみたいだ。スパイキュールが一本被りの人気になりそうで、期待値は高いハズ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/12/19

12/19おさらい

12/19阪神12Rダ1200m

ジュメイラビーチ 4着
ロードスナイパー 13着

ジュメイラビーチがハナ。直線並ばれてからも粘っていたが、結局休養明けのマサアンビション、サンライズビートの1・2着となった。ジュメイラビーチは関東馬相手ならばもう少しやれそうな感じ。ロードスナイパーは好位につけてはいたが、もまれるとダメなのか、直線バッタリだった。ベレノスについては安藤勝が乗れていないとしか言いようがないね。

マサアンビションよりもジュメイラビーチ、マチカネ、ダイシンの方が人気になっていたのは意外。人気も読めなくなってるぞ>俺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/19重賞おさらい

フェアリーS

フェリシア 1着

フェリシアは勝ったが、ペニーホイッスルが2着で外れ。勝ったフェリシア、道中は最内をキープ、直線で外に持ち出して力強く伸びた。これまでは末脚の切れで負けていた感じだったが、新たな一面を引き出した横山典の好騎乗と言ってよいだろう。

CBC賞

ギャラントアロー  6着
タマモホットプレイ 9着

ギャラントアローが当然のようにハナへ。しかし、マークもきつく一団の流れ。好位組が上位を占める結果になった。もう少し縦長になる展開を予想していただけに、全くの見当外れの予想になった。当然タマモホットプレイなどの出番はなし。無念。

阪神牝馬S

ヘヴンリーロマンス 1着
シャイニンルビー 12着

勝ったヘヴンリーロマンス、インから抜け出すイメージは予想してなかったが、今回も最速の上りを計時しての完勝だった。2・3着は好位組であったが、メイショウバトラーとダイワエルシエーロでは外れだ。アズマサンダースは見所あったが、スターリーヘヴンはちょっと狙いすぎたか。シャイニンルビーは馬体減の影響か、全く良い所がなかった。牝馬は良く分からん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

阪神牝馬S予想

オースミハルカ、メイショウバトラー、トシザダンサー、ダイワエルシエーロと先行馬が揃い、しかも人気になっている。4角前から後続が動き出す先行馬に厳しい流れを想定。

ヘヴンリーロマンス 前走は内田博の絶妙な騎乗で嵌った感じもしなくもないが、ここ3走でレース最速上りを計上していることから、ここにきて馬が変わってきたとみる。前走と同じようなレースを頼む>幹夫

シャイニンルビー 前々走は北村のミスということを考えれば、この秋シリーズで完全に復調したと言えそう。その上でペリエへの乗り替り。

好位組からアズマサンダーススターリーヘヴンを選択。3着にオースミコスモ、フォルクローレあたり。

3連単フォーメーション:(2,15)-(2,13,14,15)-(2,6,8,13,14,15) 24点 合成オッズ24倍

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フェアリーS予想

3着馬までがその後に重賞を勝っている新潟2歳S。その4着馬であるフェリシアから。頭固定でヒモは阪神JF組&500万下1着。過去の傾向だけを見て決めた馬券でも、ペニーホイッスルが1番人気になっているおかげで、意外な好配当を狙える。

3連単フォーメーション:3-(2,6,9,11,15)-(2,6,9,11,15) 20点 合成オッズ12倍

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/12/18

CBC賞予想

ギャラントアロー 久しぶりにこの馬らしさが見られた前走、チークピーシズの効果があったようだ。好枠を引き、ハナさえ切れれば粘りこめる。

タマモホットプレイ 夏以降の4走を見る限り、ムラな気性は解消したと考えてよさそう。あまり人気もないし、狙い目かと。

あとは、プレシャスカフェ、ゴールデンキャスト、マルカキセキ、アドマイヤマックスで。

馬連:5-11
3連単フォーメーション:(5,11)-(5,8,11,12)-(5,7,8,11,12,16) 24点、合成オッズ54点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/19阪神12Rダ1200m

強い馬が秋の開催で勝ちあがったため、出走馬のレベルがだいぶ落ちてきた。その秋の開催で2着、2着、3着、2着ときているベレノスが人気を集めそう。しかし、このタイプをいまさら本命にしても妙味は薄い。1枠に入ったことで一旦下げて外を回すか、不利を覚悟で馬群に突っ込むしかなさそうで、不動の本命とまではいかないだろう。もともと差し馬ではあるため、今日のアドマイヤベッカム(先行馬)ほどの不利はないと思うが。

藤岡に乗り替ったジュメイラビーチ。今年の3走は惨敗であるが、このメンバーならば楽に行かせてもらえないか。昨年エイシンハンプトン相手に逃げ切っているように、休養で馬が良い方向に変わっていれば、能力は十分に通用する。

もう一頭は500万下を勝ち上がったばかりの7歳馬ロードスナイパー。7歳ではあるがまだ18戦しかしておらず(4年間!の休養がある)、上積みがあることを期待して。ダ1200mにしては先行馬の少ないメンバー構成で脚質的にも向くはず。

あとはマチカネホマレ、ナムラダマシイ、ダイシンチャンスの追い込み勢。

3連単フォーメーション:(5,10)-(1,5,10)-(1,3,5,6,10,14)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

12/18おさらい

_| ̄|○

12/18阪神11Rダ1200m

切ったビッグフリートが好位からスムースな競馬で1着。こういう競馬をアドマイヤベッカムがするという予想だったのだが、、、そのアドマイヤベッカム、スタートが悪く好位づけできずに後方から。折り合いを欠いていたし、惨敗もあるかと思って見ていた。直線でバラけてから差してはきたが、時既に遅しだよなぁ。

トーヨーリンカーンも行けず、バンブーミランは後方から外を回ったが全く伸びず、リンガスローレルも中団から伸びず。取り上げた馬を全部飛ばしてるよ>俺

12/18阪神12Rダ1400m

行った行ったの競馬。ナリタチャンピオン、メイショウセブンがアッサリ隊列を組み、G前入れ替わっただけ。後方組はもう少し動けると思っていたのだけど、なし崩しに脚を使わされた感じだ。

アイファーフクオーは3番手の外から。息が持たなかった感じで失速した。休養明けの今日ですら単勝4番人気だったわけで、叩いて良くなればそれだけ人気にもなるだろうから、馬券的にはあまり深追いしない方がよいのかな。

ナナヨーヒマワリは後方から外を回ったが全く伸びず。ビッグスマッシュは中団から差を詰めただけの5着(3番人気だったことを考えると飛んだと言ってよい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

12/18阪神12Rダ1400m

中山の1000万下はつまらない面子なのに対して、こちらは面白そう。

アイファーフクオー。3歳500万下でメイショウヤクシン(現1600万)、オーガストバイオ(現1600万)、ワイルドソルジャー(現OP)相手に、3着以下を9馬身千切った馬。休養明けで仕上がり度合いが分からないが、能力は抜けているのでは。

ナナヨーヒマワリ。京都よりは阪神の方が良さげな感じ(ダの連対率は同じだけど)。展開も向きそうだ。

ビッグスマッシュが関西に遠征している。前走は先行して伸び切れなかっただけに、今回は差す競馬をしてきそう。

連闘してきたメイショウセブンは人気で負け続けているのが気にいらない。ヒモで抑える程度。あとは、エイシンツヨシオーかな。

[12/18 15:30追記]
ちょっと点数が多くなるが、キャプタルレター、サンエムタロウを3着候補に加える。40点で合成オッズ31倍。
3連単フォーメーション:(9,11)-(3,4,9,11,12)-(3,4,8,9,10,11,12)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

12/18阪神11Rダ1200m

テイエムアクションは除外されたのか、アクアルミナスSには出走してこなかった。1回京都5日目に適鞍があるので、そこに出てくることを願う。

で、このレースはアドマイヤベッカムが本命。前走はG前で踏ん張りきれなかったが、着差は0.2秒。決して適距離でない1600mでの結果だから上出来と言える。距離が1200mに短縮され条件は揃った。人気になるだろうが、買わないわけにはいかない。

相手一頭目はトーヨーリンカーン。先行馬総崩れとなったアクアラインSで0.8秒差に踏みとどまった点を評価。こちらは人気もないと思うし、期待値的には買いと見ている。

もう一頭はバンブーミラン。外枠からスムースなレースを出来だけどまた2着というイメージ。

あとはビッグフリート、リンガスローレルの人気どころか。どちらか一頭は切りたいが、どちらにするかは土曜のレースを見てから決めたい。

[12/18 14:25]
アドマイヤベッカムが1番人気ですか。ビッグフリートは切った。
馬単:2-3,2-13
3連単フォーメーション:2-(3,13)-(3,13,15)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/13

今週のダート特別戦は1鞍しかないのか

そのアクアルミナスSにテイエムアクションが登録してきた。初10万馬券をプレゼントしてくれた馬でどうしているのかと思っていたのだが、中間皮膚炎になっていたという競馬ブックの記事が。福島勝厩舎だけに、休養明け緒戦からは期待できないかな、、、厩舎の休養明け成績を調べておかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクドレスアップ園田2走目

12/14 園田9R 西宮えべっさんの酒特別B13 ダ1700mに決まった。

距離が1700mに延長されて、騎手は宮西(園田勝利数11位)にレベルダウン。
ここらで良い結果を出して欲しいもの。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝日杯フューチュリティS回顧

人気どころで唯一切ったマイネルレコルトに勝たれてしまっては話にならん。

そのマイネルレコルト。京王杯2歳Sの敗戦は、結局トラックバイアスで片付けてよい結果を出した。新潟2歳S組のその後の戦績から分かりきっていたこととも言えるのだけど、意外にも人気になっていたのを嫌って評価を落としたのが俺の敗因。やはり強かったね。

2着のストーミーカフェは逃げるレースで能力を出し切った格好。速いペースで逃げて粘りこむ逃げ馬は、引き締まったレース展開を演出する上で重要な役回り。クラシック路線で買い時は無いと思うが、是非無事に駒を進めてもらいたいもの。

3着のペールギュント。中山であのように追い込んで、きっちり勝ち切るレースを続けられるのは武豊しかいない。レースぶりが派手なだけに人気先行になりがちで、馬券的な妙味は薄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/11・12のおさらい

12/11中山9R ダ1200m
2・3着は予想通りと言っても良いが、肝心の1着が全くの検討外れ、、、

外枠のケイアイコンドルが抜群のスタートダッシュを見せてヘイアンワイルドはハナを切れず。こうなってしまうと内枠は辛いもので、ヘイアンワイルドは中途半端な形で先行することになってしまった。

一方のリワードパットンは大出遅れ。にしても負け過ぎだな。ボニヤが無理しなかったとも考えられるが、、、狙い所が難しくなった。東京まで買えないかな。

12/11中山11R 師走ステークス ダ1800m
取り上げた順に1・2・3着で、堅い決着。

勝ったヒシアトラス。これまでの勝ち味の遅さは、郷原のそれだったということで済ませてしまえ。

カフェオリンポストーセンブライトはともに来年が楽しみな結果を出せた。馬券的には人気以上の結果を期待できないカフェオリンポスよりも、人気になる要素の少ないトーセンブライトを狙っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

朝日杯フューチュリティS

前走1着馬が圧倒的に強いレースであることは、色々なところで言われている通り(例えば、こことか)。あとは、どれを買うかだけ。2歳戦で展開も流動的なので、先行して勝ってきたストーミカフェと差して勝ってきたマルカジークを頭候補とした。

3連単フォーメーション:(8,16)-(3,4,8,9,11,16)-(2,3,4,8,9,11,16)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/11

12/11中山11R 師走ステークス ダ1800m

ヒシアトラスが人気だけど勝ち切るイメージが湧かない。郷原が乗り続けたことで惜敗癖がついてしまったのではないか。

逆転候補の筆頭はカフェオリンポスなのだろう。JCダートを見送ってこちらに回って来たということで、仕上がっているとみることも可能だろう。しかし、仮にもG1馬。目標はまだ先にあるハズで、取りこぼしの可能性もまた高い。

ということでトーセンブライト。加藤征師は右回りの方がスムーズに走ると言いながら、右回りで走ったのは全8戦中1回しかない(どういうこと?)。その1戦の金沢のレース映像と盛岡ダービーグランプリのレース映像をチェックしてみたが、、、右回りがスムーズなのかまでは判別不能であった。しかし、今回の相手ならば、先に抜け出して突き放すことも可能とみた。ここ3走を地方で走っているため人気の盲点になっている感じで、期待値は高い。

馬単:5-3
3連単フォーメーション:5-3-(10,11,12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

12/11中山9R ダ1200m

逃げるべーやんのヘイアンワイルド。叩き2走目で発馬さえ決まれば、絡んでくるJRA所属騎手はいない。逃げ切り濃厚。

とは言っても短期免許騎手は貪欲に勝利を狙ってくるとみてリワードパットン。前走は追い込む競馬だったが、発馬さえ決まれば積極的に勝ちにいく競馬をする可能性あり。

2着候補筆頭はこのコース得意のセイウンヒノアラシ。あとはペリエのシークレットキング、蛯名のポジティブトライまで。

3連単フォーメーション:(1,3)-(1,3,6)-(1,3,6,7,12)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/09

キコウシ復帰

結局12/11中京11R香嵐渓特別ダ1700mで復帰となった。鞍上は上村。
調教も動いていないし、さすがに今回は厳しそうだな。。。

ざっと出走馬をチェックしてみたが、逃げ・先行タイプが異常に多い。そして、昨年の1・2着がミツアキタービンとアンドゥオール、一昨年の1着がタイムパラドックスと出世レースになっている。先行して抜け出し、後続を千切るような馬が出れば、先々は注目かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

12/5・6のおさらい

先週はWSJS。人気別回収率で見たとおり、人気薄を積極的に狙っていったのだが、、、

ゴールデンスパートロフィー
断然人気のクワイエットデイは2着に負けたが、結局は人気サイド(2番人気→1番人気)の決着。狙っていたロマニスタは積極的な競馬を試みたが、4角でいっぱいに。人気馬が前で競馬をしていたので、このレース運びは仕方ないか。一方のダークスワンは離れた最後方。ポイント稼ぎかよ、と思って見てました。。。

ゴールデンホイップトロフィー
ヨシトミ先生のインマイアイズが人気。人気馬で唯一切った4番人気ヘブンリーロマンスに勝たれてしまった。アサクサデンエンは一叩きして一変。早め先頭の1番人気インマイアイズがたれる一方で、同じく早めに動いたボスはゴールまで我慢させた。一方のカネトシディザイアは見せ場を作れず。ここでホランドを見限ったことが、後々裏目に。

ゴールデンサドルトロフィー
見限ったホランドの9番人気ホウライウォニングの逃げ切り。オレハマッテルゼは相変わらず勝ち味に遅い。というか、馬が勝ちたくないようにしか見えない。タイセイエトワールは中段から良く伸びてはいたのだが、、、3着では、、、。先行するものとみていたラタフィアは後方から伸び切れなかった。

21:50追記
ラタフィアは出遅れてたんだね。

ゴールデンブーツトロフィー
かすりもせず。勝ったのはホワイトの12番人気ブライアンズレター。前走G1大敗で人気の盲点になっていた感じ。馬群を割ってよく伸びてた。グランプリゴールドモニュメンタルともに中段から競馬であったが、期待していた乗り替りの効果もなく、いつも通りのイマイチぶりだった。

21:50追記
アンクルリーサムはボッソンでも直線バッタリ。色々と注文がつくタイプのようだ。

結局1番人気は1勝もしなかったが、連絡みできなかったのはヨシトミ先生だけであった。2着3回はまずまずの成績と言えるだろう。人気薄が勝ったりで狙いは悪くなかったと思うのだが、俺自身が詰めの甘さを露呈してしまった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/05

WSJS結果

あいたた。

ゴールデンサドルトロフィー

もう一頭の2着候補はホランドのホウライウォニング。準オープンで差の無い競馬をしていたので頭もあると考えていたのだが、ホランドが、、、

あまりに天気が良かったので出掛けてたら、その間にホランド君は頑張ってくれていたようで、、、

第18回ワールドスーパージョッキーズシリーズ ポイント順位表(最終結果)
WSJS、D.ホワイト・A.スボリッチ騎手が優勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神JFは3連複で軽く遊ぶ

WSJS最終戦に出場できなくなった内田博エリモファイナルから。
相手はラインクラフト、ショウナンバントル、ハギノコマチ、リヴァプール、ライラプスで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

[WSJS]ゴールデンブーツトロフィー

本シリーズで最も混戦と見ているレース。

まずはスボリッチグランプリゴールド。ここ2走人気を裏切っているが、脚の使いどころが難しいタイプとみた。西橋師が愛弟子を下ろしてここを使ってきたということは、やはり乗り替りによって新味がでることを期待しているのだろう。

ボスモニュメンタルもグランプリゴールドと同じタイプか。

ボッソンカノヤバトルクロスは、重馬場成績がイマイチ。堅実な競馬を続けているし、ボッソンもプラス材料ではあるが、人気を考えると割引が必要。

2位候補は、内田博のダイタクアルビン、安藤勝のラバルート、マンディザバルのタニノボルガあたり。

[12/5 12:20追記]
ダイタクアルビンは取り消し。カノヤバトルクロスも馬場良化が見込まれるので残す。

3連単フォーメーション:(3,7)-(3,5,7,13,14)-(3,5,7,13,14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WSJS]ゴールデンサドルトロフィー

スパーTは人気上位馬の決着、ホイップTは切ったヘブンリーロマンスに勝たれてちょい荒れ。明日は天気も大荒れになるようで、馬場状態も読みづらい。最終決断は午前のレース結果を見てからになるが、現時点で気になる馬をチェックしておく。

Aクラスからはボスラタフィアを狙いたい。前走後にひと息入れたようだが、直前の坂路調教時計でラスト3Fを12秒台で纏めている、これなら信頼してもよいのではないか。

人気のなさそうなところからはスボリッチタイセイエトワール。小牧太、赤木と乗り替ってきてのスボリッチなので、上積みが見込めるかやや微妙という感もある。ただ、字面の成績を見る限りでは、最も穴を開けそうな感じがする。

オレハマッテルゼが1番人気だろうが、武豊が乗っても詰めの甘さを見せている現状。藤田では上積みなしと見て、2着候補まで。もう一頭の2着候補はホランドホウライウォニング。準オープンで差の無い競馬をしていたので頭もあると考えていたのだが、ホランドが、、、

3着候補には武豊サンレイフレール、横山典のカネトシサンセール。

福永からボッソンに乗り替るアンクルリーサムは脚質的に不利だが、乗り替りの効果が出そうなタイプでもある。とりあえず判断保留。

[12/5 12:00追記]
意外に早く雨も止んだようで、現時点の阪神は晴れ・やや重。未勝利の勝ち時計が1:35.4。アンクルリーサムは残すことにしよ。
3連単フォーメーション:(9,13)-(9,11,13,14)-(6,8,9,10,11,13,14)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

WSJS1日目

1日目が終了した時点の成績を手集計してみた。

内田博(B8着,A1着)24点
ボス(C6着,B2着)21点
横山(A1着,D14着)21点
スボリッチ(A3着,D8着)17点
マンディザバル(A2着,D12着)16点
藤田(C5着,B6着)16点
ボッソン(D10着,C3着)15点
武豊(C7着,B5着)15点
ホワイト(B11着,A4着)13点
安藤(A4着,D13着)12点
ホランド(C12着,B7着)6点
柴田(B9着,A10着)5点
スマレン(D13着,C9着)4点
プラード(D14着,C11着)3点

明日のレースでは、クラスDとCで15点を獲得したボッソン、クラスCとBで21点を獲得したボス、WSJSだけでなく他レースでも好調な内田博に注目。それにしてもヨシトミ先生の成績はひどすぎだ。

公式成績

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[WSJS]ゴールデンホイップトロフィー

人気を集めそうなのはインマイアイズ、シンデレラボーイ、ヘブンリーロマンス。特にインマイアイズの福永から柴田への乗り替りはビミョーで、WSJSに出走させた意味がないんじゃないの、などと思ってしまうよ。当然、このレースも穴狙いの3連単でいく。

まずはホランドカネトシディザイア。ホランドといえば、1996年短期免許での来日時になかなか勝つことが出来ず、毎日王冠のアヌスミラビリスで初勝利をあげ、穴を開けたことを思い出す。1番人気のタイキフォーチュンが沈み、この後3歳で天皇賞を勝つことになるバブルガムフェローが3着だった。結局、ホランドは3勝しかできなかったが、その後本国で実績を積んでのシリーズ参加と相成った。以上、カネトシディザイアとは全く関係ない話だが、カネトシディザイアの人気、近走の着差と騎手から期待値は高いと見ている。

もう一頭はアサクサデンエンか。長期休養明けで一叩きされての変わり身を期待。というか、いまだに準オープンにいるのって感じなんですが。

2着候補はシンデレラボーイとテイエムリキサン、3着候補はインマイアイズとマヤノシャドーで。

3連単フォーメーション: (11,13)-(2,5,11,13)-(2,5,7,9,11,13) 24点

P.S.
1996年毎日王冠2着はトーヨーリファール。その馬券、獲ったどー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/03

[WSJS]ゴールデンスパートロフィー

人気はクワイエットデイ、ロングオベリスク、ワンダーハーブあたりか。しかし、人気別回収率で見た通り、1番人気の単勝回収率はきわめて低い。ここはクワイエットデイは紐までにした3連単で狙いたい。

ロマニスタは、野元・池添で詰めの甘いレースが続いている。しかし、着差はここ3戦ともに1秒以内で乗り替りの効果が一番ありそうなタイプである。ホワイトならば逆転も可能とみる。

もう一頭、人気的に狙い目になりそうなのは武豊ダークスワン。こちらも詰めの甘いレースを続けている一頭。WSJSで穴を開ける典型だとみたが、どうかな。

2着候補としてクワイエットデイ、アルドラゴン、3着候補としてエイシンカイフォン、ロングオベリスクとしたい。

3連単フォーメーション: (6,14)-(2,6,8,14)-(2,5,6,8,9,14) 24点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

WSJS騎乗馬決定

JRAのお知らせに決定した騎乗馬が出ている。その中で出走馬をAからDまでグループ分けしているんだが、これは一体何なんだろ? グループ分けの基準がどこにも書かれていないね。近走の成績によってグループ分けしているような感じだが、、、

人気別回収率からみて、B・Cクラスの馬をいかにピックアップできるかが、勝負の肝となりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »