« フェブラリーS前売りで大口購入した人たち | トップページ | [シルクドレスアップ]2/24姫路11R »

2005/02/22

フェブラリーSおさらい

アドマイヤドンが大きく出遅れ、パーソナルラッシュも行きっぷりが悪く、向正面で早々と観念した。しかし、『メイショウボーラー以外の若い馬』が2着に来たにも関わらず、その2着馬も抜けているんだから話にならない。4着馬を当てても意味がないんだけどなぁ・・・

勝ったメイショウボーラーは根岸Sのときのように平均ペースでは逃げられず、34.2-36.9の前傾ラップを刻んだ。ラスト1Fは脚が上がっていたが、馬場とアドマイヤドンの自滅に助けられて押し切ることができた。

2・3着のシーキングザダイヤ、ヒシアトラスは同じような内容の競馬。最後は騎手の差だろう。平場では買えない騎手になってしまったが、G1では無視できないってことか。


|

« フェブラリーS前売りで大口購入した人たち | トップページ | [シルクドレスアップ]2/24姫路11R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61521/3038937

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSおさらい:

« フェブラリーS前売りで大口購入した人たち | トップページ | [シルクドレスアップ]2/24姫路11R »