« 2005年4月 | トップページ | 2006年8月 »

2005/05/30

[シルクドレスアップ]5/31園田9R

出馬表

ヤネが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

京王杯スプリングカップ予想 ~ 1年ぶりの勝利へ

◎ 15 ダンスインザムード
○ 14 テレグノシス
△ 02 アサクサデンエン
× 08 フジサイレンス
× 13 アドマイヤマックス
× 16 ナイトフライヤー
× 17 ウインラディウス

前日発売の段階では単勝1番人気はプレシャスカフェとなっている。これは意外だ。覚書で見たように前走1200m組の期待値は非常に低いので、高松宮記念組は人気にならないと思っていたのだけど・・・。一度高松宮記念でピークに仕上げている以上、ここから安田記念を目標とするグループに対しては、仕上げの面でアドバンテージを失っているのだろう。

ダンスインザムードの1年ぶりの勝利に期待したい。枠順、ローテーションともに申し分なく、ヤネもデザーモである。これといった不安材料もないのに、単勝で4倍以上になるとは思わなかった。スタート地点が向正面なので入れ込みの不安も小さい。ここは無事に通過できるとみた。

テレグノシスもベストの条件に戻って期待値は高い。しかしながら、デザーモ>>>勝浦である以上、2番手評価までとした。

2着候補としてアサクサデンエンをあげておく。前残りのマイラーズカップで4角ほぼ最後方、外から一気に追い込んだ脚は目立っていた。追込一辺倒で展開に左右される面は残る分、2着候補までとする。

3着候補は谷川岳S組とアドマイヤマックス。前走高松宮記念のアドマイヤマックスの期待値は低いと思うが、ブラックホークのように1600m実績のあるG1馬であれば克服する可能性を残しているかもしれないので。

3連単フォーメーション:(15,14)-(15,14,2)-(15,14,2,8,13,16,17) 20点 15倍
馬連:14-15 11倍

| | コメント (0) | トラックバック (7)

京王杯スプリングカップ覚書

5月開催(通常だと2回7日ないし8日)の京王杯スプリングカップの過去の傾向を見てみた。

集計期間:960511 ~ 040516

◆脚質別集計
----------------------------------------------------------
区分     着別度数            勝率 連対率複勝率単回値複回値
----------------------------------------------------------
 逃げ     1-  0-  1-  7/  9  11.1% 11.1% 22.2%   245    94
 先行     2-  5-  3- 27/ 37   5.4% 18.9% 27.0%    12   100
 中団     4-  3-  4- 49/ 60   6.7% 11.7% 18.3%    42    58
 後方     2-  1-  1- 40/ 44   4.5%  6.8%  9.1%    56    29
マクリ    0-  0-  0-  0/  0                               
----------------------------------------------------------
逃げて勝ったのはゴッドオブチャンス

◆枠番別集計
--------------------------------------------------
区分  着別度数       勝率 連対率複勝率単回値複回値
--------------------------------------------------
1枠  1- 0- 1-14/16   6.3%  6.3% 12.5%     9    54
2枠  0- 1- 1-15/17   0.0%  5.9% 11.8%     0    48
3枠  1- 0- 0-16/17   5.9%  5.9%  5.9%    12     8
4枠  1- 0- 0-17/18   5.6%  5.6%  5.6%    28    10
5枠  0- 1- 1-16/18   0.0%  5.6% 11.1%     0    29
6枠  0- 2- 1-15/18   0.0% 11.1% 16.7%     0   101
7枠  3- 2- 1-17/23  13.0% 21.7% 26.1%   126    66
8枠  3- 3- 4-13/23  13.0% 26.1% 43.5%   169   149
--------------------------------------------------
使用コースは96~97年A2コース、98~02年A1コース、03年Bコース、04年Aコース。
週ごとにA1→C→C→A1などと使用コースが変わるので、内側が荒れているとは限らない。
しかし、とにかく外枠の期待値が高い。05年はA→A→A→A。 ◆前走距離別集計 --------------------------------------------------------------- 区分          着別度数            勝率 連対率複勝率単回値複回値 --------------------------------------------------------------- 1000m~1300m   1-  1-  3- 41/ 46   2.2%  4.3% 10.9%     3    28 1400m~1600m   6-  7-  5- 65/ 83   7.2% 15.7% 21.7%    84    82 1700m~2000m   1-  1-  0-  8/ 10  10.0% 20.0% 20.0%    31    29 2100m~2400m   0-  0-  0-  2/  2   0.0%  0.0%  0.0%     0     0 2500m~        1-  0-  0-  1/  2  50.0% 50.0% 50.0%   105    70 障害           0-  0-  0-  0/  0                               --------------------------------------------------------------- 前走1200mでの勝利はタイキシャトル(スプリンターズS1着)
前走2000mでの勝利はタイキブリザード(BCクラシック13着)
前走2500mでの勝利はグラスワンダー(有馬記念1着)
◆年齢別集計 ----------------------------------------------------------- 区分      着別度数            勝率 連対率複勝率単回値複回値 ----------------------------------------------------------- 4歳       5-  2-  2- 45/ 54   9.3% 13.0% 16.7%    93    54 5歳       2-  2-  3- 41/ 48   4.2%  8.3% 14.6%    37    54 6歳       2-  3-  1- 18/ 24   8.3% 20.8% 25.0%    34    95 7歳以上   0-  2-  3- 19/ 24   0.0%  8.3% 20.8%     0    62 -----------------------------------------------------------

ちなみに私が上記過去9年間で当てたレースは98年タイキシャトル-オースミタイクーン馬連1点勝負と、03年テレグノシス単勝だけである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/08

NHKマイルC

ペールギュントが1番人気になるようなG1は、能書きをたれる気もおきない。

前哨戦で「内容としては一番強かった」イヤダイヤダから買うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/07

5/7京都9R 芝1200m 鷹ケ峰特別

◎ 03 フレンドリースピカ
○ 10 ダービーゾーン
△ 02 シーキングマイラブ
△ 09 ファストアズライト
× 05 イソシギ 
× 07 マキシマムスピード

今日はこれといったレースがない。今年まだ1レースも当てていない京都の特別戦を予想してみる。

前走に引き続きフレンドリースピカに期待する。マキシマムスピード、イソシギが人気になるメンバーならば、上積みの見込める4歳馬を買う。

3連単:(3,10)-(3,10,2,9)-(3,10,2,9,5,7) 24点19倍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

[シルクドレスアップ]5/4園田12R

出馬表

成績

またA3に上がっていたのか・・・着賞金を稼ぐせいで全然勝ち上がれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら4/30,5/1のおさらい

天皇賞(春)

… 10 スズカマンボ 1着
△ 17 ビッグゴールド 2着
… 13 アイポッパー 3着
△ 12 マカイビーディーヴ 7着
▲ 01 ザッツザプレンティ 10着
◎ 14 サンライズペガサス 14着
○ 08 ヒシミラクル 16着
△ 07 シルクフェイマス 18着

まずは後半8Fのラップから見てみたい。フルゲートの年の平均ラップと比べると、8F全てで同じか速くなっている。しかも、ラップは前傾で流れているのに、ラスト3Fはフルゲートでなかった年と同じ程度に速い(いずれも34.9秒)。また、道中で13秒台にペースが落ちることは一度もなかった。これらの数字を見る限り、非常に厳しい流れだったと言えるだろう。

フルゲート :12.8-12.3-12.5-12.5-12.1-11.8-11.9-12.4
今回    :12.5-12.3-12.4-12.3-12.1-11.6-11.4-11.9
非フルゲート:13.0-13.2-12.8-12.2-11.8-11.5-11.6-11.8

勝ったスズカマンボは後方の内から抜け出してきた。今思えば、昨年の菊花賞最先着馬であるし、私が重い印を打った3頭は皆病み上がりだったのにピックアップしたことを考えると、スズカマンボに関しては完全に見落としがあったと言えるかな。大阪ハンブルグCのレースレベルも展望(2)で見たように決して低いものではなかったし。安勝の好騎乗もあったけれど、スズカマンボ自身の能力を過小評価していた。

掲示板に唯一載った先行馬のビッグゴールド。ここ2戦の内容を高く評価していたが、今回もその力を存分に発揮してくれたと思う。このような先行馬がいるとレースが締まるので、今後も活躍を期待したい。

3着のアイポッパーも力は出し切っただろう。一昨年のダイタクバートラムとイメージが重なっていたのだけど、着順も同じだった。

サンライズペガサスは中団から全く伸びず。敗因はやはり距離なのだろうね。

[追記]戦評をいくつか見てみたが、やはり厳しい評価が多いようで。しかし、今回のラップが厳しいものであったことはこれまでのラップと比較すれば分かることで、34秒台の上りだけを見てレベル云々を言うのは納得できないなぁ。マンハッタンカフェの勝ったときなど13秒台のラップが5個もあって、このときの方がよほどスタミナ不要、上りだけの競馬だった。この感じだと上位2頭は今後も人気になりそうもないので、しばらくは追い続けてみたい。単に好騎乗だけで勝ち負けした馬ではないことが明らかになるはずだ。

4/30 新潟11R 芝1200m 新・新潟市制施行記念

… 03 ストロベリードール 1着
◎ 09 レイズアンドコール 2着
… 12 シュア 3着
△ 14 ホウライウォニング 4着
△ 01 トーセンザオー 5着
△ 05 ステキプレゼント 7着
△ 02 カネトシサンセール 8着
△ 07 ステキステキ 12着

直線半ばで「できた」と思ったら、ストロベリードールに差し切られた。ローカルでリーディング争いをしている中舘と柴山が叩きあい、仕掛けが全体的に早くなったのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2006年8月 »