« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

スプリンターズS予想

◎ 12 シンボリエスケープ
○ 07 オレハマッテルゼ 
△ 01 ビーナスライン
△ 04 メイショウボーラー
△ 15 ステキシンスケクン

サマースプリントシリーズの創設で、スプリンターズSのG1としての格が損なわれている気がしてならない。シリーズ王者のシーイズトウショウは3戦の賞金+ボーナスで、スプリンターズSの賞金より多い14200万円を獲得している。来年以降もG1ではなくシリーズで稼ぐ路線をとる陣営が出てくるのではないか。シーイズトウショウは好きな馬なのだけど、やはり名より実を取ったと見て、無印にした。

本命は別路線のシンボリエスケープとした。中央入り直後の3歳・4歳時は有り余るスピードを制御できずにいたように見えたが、年齢を重ねてレース運びに余裕が出てきたように思う。ぜひともサクラバクシンオーの仔にスプリンターズSを勝ってもらいたいという思いもあって。

昨年の覇者サイレントウイットネスは調子を落としていることを臨戦過程を見れば明らかだし、遠征2戦目での調子落ちが懸念され、しかもシーイズトウショウに千切られたテイクオーバーターゲットも妙味は無い。きっと曲がれない欧州勢2騎も消すとなると、必然的にオレハマッテルゼが2番手になる。あとは、そろそろ復活するかもしれないメイショウボーラー、輸送と内枠を克服したときのビーナスライン、外枠でスムースな競馬ができそうなステキシンスケクン

3連単フォーメーション:(12,7)-(12,7,1,4,15)-(12,7,1,4,15)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »